FC2ブログ

FUMIE IN TOKYO

2年間のLondon生活、帰国後3年間日本、その後のDubai生活、そしてまた帰国後・・★

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

死海ってすごい名前だけど、めっちゃリゾートな感じで楽しみ
ほんとは夕方までにホテルに到着して夕陽堪能したかったんだけど、
死海エリアに到着したころには、ほぼ夕陽沈みかけ。
2日死海1
 
ドライバーさんが止まってくれた死海絶景ポイントからは、向こう岸のパレスチナが見えました。
ガイドブックにはイスラエルが見えるって書いてあったけど・・・
領土がいろいろかわるなかな~とか・・
向こう岸パレスチナは、がんばれば泳いで渡れそうだ~とゆうと、ドライバーさんが、道路の反対側は崖で山になってるんだけど、そこにレーダーだかカメラだかがあって、ミリタリーがいるんだよ~って言ってました

それから、道すがら火力発電所がいくつかあったんだけど、それらは日本の出資みたいで、いろいろ援助してるみたい
そんな感じでみんな日本人良く知ってるのかな~。



すっかり日が暮れたころ、ようやくホテルに到着
今回の宿泊は、ブラピも泊ったことがあるという、ケンピンスキ‐

ホテル到着すると、入口からして、めっちゃゴージャス感
フロントはさらにゴージャス感
サバイバル感満載だったペトラから来たせいもあり、ラグジュアリー感に大喜び

まずはホテル散策兼ご飯
2日死海2
 
こ~んなプールなどがありその先にはビラエリア、そこにもプールがあり、その先はプライベートビーチ・・・
などなど、めっちゃ敷地広い~

死海はペトラと違って暖かいと聞いてたけど、ペトラ程ではないけど、やっぱ寒い
他の人も結構な冬のいでたちで歩いてました
2日死海3ビラエリアの建物の上にある、海を一望できるイタリアンでご飯食べることに。
2日死海4 2日死海5 2日死海6
寒いので、中にしました。   最初にラビオリ頼み、まだまだ食べれそうなので、本来はランチメニューのキノコクリームパスタも頼みました。
レストランのホスピタリティーもすごくいいよ~、さすが
ペトラゲストハウスとは違うな~

ご飯の後、スパ行ってみたけど、ここもい~感じで、あ~、ペトラで疲れた足マッサージしたい~と思ったんだけど、今日は予約いっぱいとのことで、明日の予約して部屋に戻りました。

さらにすご~く良かったことが

部屋にはDVDデッキもあり、持ってきたJapan使用のLiveDVDも使用可能
さらに部屋のバスルームに、TVの音流すためのボリューム調節するとこあり、キャー、お風呂で聞けるとぬか喜びしたんだけど、実際にはつながってなくて音でなかったんだけど
フロントいってできないかきいてみたら、頼んだ人が支配人クラスの人だったみたいで、IT担当の人に細かく聞いてくれて、最終的に部屋に来て接続してくれて・・・

そんなこんなで、私のもっっっともお気に入りの、「ラグジュアリーなお部屋の、ラグジュアリーなバスルームでLiveを聞く
というシチュエーションが完成~

ちなみに・・・
ケンピンシキーには、本館のスタンダードルームと同じ広さのデラックスルーム、それからもっとお高いプールや海に近いビラの部屋があります。(ブラピはビラだったと思われます)
kenpinskey1.jpg kenpinskey2.jpg kenpinskey3.jpg 
今回の宿泊は本館スタンダードルーム。40平米と広々としてて、バルコニーもあるけど、安全のための柵があり、ちょっとだけ解放感にかけます
だぶんその点がスタンダードとデラックスの違いかな。
それから、プールやビーチへは、本館からちょっと距離があります。
プールや海には外のシャワーやトイレはあるけど、とくに更衣室があるわけではなく、昼間は温度あがるかもだけど、それでもやっぱ寒そうだし、水着着て行く時はどうするのかな~? 

  

そして翌日。

4日死海4 これが例のバルコニーの柵。
3日死海1 でもそっからのビューはこ~んな感じ
海の向こうに見えるパレスチナが現像的で、普通の海ビューとはまた違った魅力があります
3日死海2 3日死海3
本館から海側の建物に移動し、そこの上の階で朝食~♪
わ~、ここもnice view 

3日死海4 3日死海5 3日死海6
朝食の後は、海と一体化して見えるプールのサマーベットでちょこっと横になってみました。
プールのサマーベット、超ふかふかで、めっちゃ気持ちい~
その後は、死海といえばの、ミネラルいっぱい含んだ泥を体中に塗りたくるのと、塩分の多い死海の海で浮くってゆうのをやりにビーチへ
3日死海7 海と一体化のプールの下にはもういっこプールがあり、そこを下ると
3日死海8 3日死海10
プライベートビーチ。そこに泥の壺があり、そこで泥塗ってから死海に入るらしい。
面白いけど、寒いよ~ ちなみに今日の最高気温は19度。
午前中だからもっと低いと思われます。
(最低気温はぐっと低く、8度位だったような)
ビーチに着てる人は部屋のバスローブ着てました。ホテルの建物内でもバスローブの人見るし、
なるほど~。日本の温泉旅館の浴衣みたく、水着にバスローブ着てくるのが通なのね。
3日死海9  3日死海12
寒かったけど、海でひと暴れした後、ビーチのサマーベットで横になり、iPhoneで音楽聞きながら、海と海の向こうのパレスチナの景色見ると・・
それはそれは至福のひととき
3日死海11パレスチナ見える海ビュー、ほんとに素敵

その後は、海に一番近い場所のプールと、朝食後に行った海と一体化したプールでのサマーベッドも堪能
海と一体化したプールは一応温水プールで、プールの端っこからみる景色最高~
ふかふかサマーベッドに横たわっていると、水くれたり、たまにカットフルーツとかくれたりと、セレブ感・・・なんだけど、
徐々に体冷え切り、あったまりた~い、とスパに行ってみることに。
スパの予約は夜だけど、宿泊者やスパメニュー受けるひとは、スパ内のサウナやジャグジーやプールを無料で使えます。
3日死海13しかし、そ~んなにすごい感じではなく、一通り遊んで終わり。全体的に温度低くてそんなに温まらず 
 
そのあと部屋に戻り、例のバスルームでLive聞きながら温まりました~
音響よくってまたまた至福のひととき

そうこうしてる間に夕方になり・・・
今日こそ夕陽堪能するぞ~と、昨日もいったけど今日も海の見えるイタリアンの店へ。
日没は5時位で、店についたの4時過ぎ。
3日死海14 もう夕陽モード。
3日死海16こんなふうな座席を私たちの為にセッティングしてくれました。
3日死海15 パスタの盛り合わせと昨日も食べたキノコクリームパスタを注文し、食べながら
3日死海17 3日死海18 3日死海19
徐々に日が沈み、暗くなるとともに、徐々に明かりのついて行くパレスチナをゆ~~~~っくり堪能
3日死海20 3日死海21 3日死海22
きゃ~、なんって贅沢    海と一体化のプールもすっかり日没

そして8時からはスパ
私のスパメニューは、死海の塩の全身スクラブコース。
3日死海23 スパの中はラグジュアリーな感じで、塩のスクラブも全身マッサージの効果もある感じで気持ち良かった
スパは本館から徒歩すぐの別の建物なんだけど、「カート呼びますか?」と言われたので、カートに乗って帰ることにしました。
3日死海24 こんなカートで、実際スパから本館はすぐなんだけど、ホテルの広~い入り口エリアをぐる―っと回ってくれて超超楽しかった

そしてまたまたLiveの流れる快適なお部屋へ

楽しく1日遊びつくし、広~いケンピンスキーホテルも、敷地内ほぼ把握しました
ラグジュアリーだし快適だし、ほ~んと楽しいんですけど~
死海大好きかも~


そして3日目最終日。
4日死海1 4日死海2 がんばって早起きして
4日死海5 4日死海3 朝食レストラン一番のり
まだ誰もいません       まだ朝もやでパレスチナ穂や―っと見える感じ。

なぜ早起きしたかとゆうと、今日12時チェックアウトなんだけど、昨日の死海アクティビティー、写真撮ってなかったから、今日も一から全部やりなおそうと思って
4日死海6 4日死海7 4日死海8 
んなわけでまたまたプライベートビーチ。このように全身に泥塗って・・いざ死海へ。(かなり寒い)
4日死海9 そしてこのように、死海ならではのポーズ、浮きながら新聞読む・・・・ふりしてます。

本来塩分多くて目に入ると痛いし、泳がない感じなんだけど・・
4日死海10 4日死海11 4日死海12
なぜか全力で沖に向かい・・ 一番はしのブイのとこまで行き ・・またまた新聞読むふり。

そのあと、シャワー浴びてサマーベットに横になるも・・・
4日死海13 寒いのなんの
昨日よりさらに早い(8時半位)からさらに寒いな~
今日は通な感じでバスローブ着たんだけど、全然寒くてビーチタオルでくるみまくり。  
4日死海17 4日死海15 4日死海16
そのあとはまたまた海と一体化のプールでがんばって泳ぎ、サマーベットに横になりました・・
4日死海14・・・が寒い
そっこう終了~

通な感じでバスローブで部屋に戻ったんだけど、ん??
昨日と違って今日はバスローブの人あんまりみかけないなぁ・・
ビーチから別館抜けて本館到着するころには、なんとな~く、やっぱバスローフで歩いてはいけないんじゃないかと、だんだん不安に
部屋に行くには、本館のエレベーター乗ってロビーの階でエレベーター乗り換えるんだけど・・・
ロビーに誰もいませんように
エレベータに誰も乗ってませんように

しかし、待ってたエレベーター空くと、思いっきり人がいて
ホテルマンの人に「Good Morning」と

そんな感じで部屋に戻り、またまた快適バスルームであったまり、チェックアウト。
ちょこっとプールのふかふかサマーベッドで横になった後、空港へ

死海から空港までは、ペトラから死海に来た時の運転手さんに40ディナールで手配済み。
時間どおりにきてくれるかな??と少し思ったけどその運転手さんに依頼された友達の人が時間より早く来て待っててくれました。 
ちなみにホテルで頼むと70ディナールでした。

アンマン空港もいい感じの空港で、旦那さんだけがラウンジ使えるステータスだったんだけど、私もラウンジにいれてくれたりと、他の航空会社ではありえないようなざっくりとした親切だし

そしてドバイへ


・・・こ~んな感じの、すんごいサバイバルなペトラと、めっちゃラグジュアリーで楽しい死海のヨルダン旅行なお正月でした






スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

CalendArchive

プロフィール

fumie♪

Author:fumie♪
犬好き、東方神起大好き。フリーインストラクターとして働いていたのですが、旦那さんの赴任で急遽渡英。ようやくLondon大好きになってきた矢先急遽帰国決定。日本の生活が楽しくなってきた頃、今度はDubaiへ…。そしてまた帰国、しかも一人で子育て…?!

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近の記事+コメント

リンク

人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言

1秒ストップうさぎ時計

World-Word-翻訳

Copyright ©FUMIE IN TOKYO. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。