FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒業旅行~最後は富良野~

すんごいいい~感じで仁川空港から千歳空港へ
Korea aielineはご飯美味しいな~

そして千歳空港に夜の9時15分に到着、電車で札幌へ
それにしても、札幌寒~

なんだか今までのリゾート感から一気に現実に引き戻された感
普通に日本の町、そして肌寒いせいかなぁ。。。

その日は札幌駅直結のJRタワー日航に宿泊。
若干グレードアップされたのか、高層階+コーナの部屋でした。
部屋に入ると・・
viewすごっ
6月20日札幌1
 6月21日札幌1 
コーナの窓いっぱいの夜景   朝ビューはこんな感じ。 
6月21日札幌2
各名所の名前と方角を屋根に書いた建物も見えました。
Nice idea

い~感じのビューのいい部屋・・なはずなんだけど、nice viewといえば、クアラルンプールのツインタワービュー、後楽園ホテルのドームビュー、極めつけはなんといっても福岡シーホークの1億ドルのビュー(←勝手に命名)と、目が肥えてしまった私には、そーんなに驚かなくなってしまい・・・
むしろ、モダンでお洒落で広~い部屋に慣れちゃった私にはホテル&部屋が若干古めな作りだな~とか思ってしまいました
とくにお風呂が家庭のお風呂な感
でも本来いいお部屋でした。

ま、札幌は中継地点。
翌日は朝からレンタカー借りて旭川→富良野。

レンタカーで札幌時計台通ってみたんだけど・・
ちっちゃっ
なんかもっとおっきいイメージだったんだけど。

旭川へは高速通って1時間半位
高速の景色は、まさに北海道~でっかいど~
素晴らしい自然がいっぱい
ドライブめっちゃ快適

そして旭川に到着。
旭川といえば・・・
旭山動物園でしょ

まずは人気アニマルから
6月21日旭山動物園1 6月21日旭山動物園2 6月21日旭山動物園3
ペンギンの水中トンネル  超和むアザラシがす~っと上り下りする円柱  アクティブな白くま

白くまはカプセルみたいなとこから覗けるとこがあり、白くま目線で白くまが観察できます。
6月21日旭山動物園4 間近でこ~んな感じで歩いていくのが見えました。
6月21日旭山動物園5 6月21日旭山動物園6 
アリクイやら            鹿やら
 
6月21日旭山動物園7 6月21日旭山動物園8
クモザルと共存のカピバラ。     なぜかこちらを超ガン見
 
6月21日旭山動物園9 6月21日旭山動物園10 6月21日旭山動物園11
そのほか、ライオンやら     黒豹やら            頭上の金網で寝てるチーターやら

こんな感じでかなり近くでアクティブに動いてる動物を見ることができます
Liveでゆうところのプレミアム感ハンパない感じ


動物園満喫したあとは、やっぱ旭川ラーメンでしょ
と、ガイドブックに載ってたお店に行きました。
 6月21日旭山動物園13 6月21日旭山動物園12
麺は以外と普通・・というかインスタントラーメン的だけど、チャーシュと煮玉子がすんごい美味しい

そのあとは美瑛をドライブ
 6月21日美瑛2 6月21日美瑛3 
まずはふらっとぜるぶの丘に立ち寄りました。ケンとメリーのポプラかな?
6月21日美瑛1 バギーで一周のアクティビティーあり。もちろん乗るでしょ
スピード出しすぎコーナーで負傷

6月21日美瑛4 そのあとパッチワークの丘などドライブ

・・・してたら結構遅くなってしまった~
と急いで今日宿泊の新富良野プリンスホテルへ

んだけど、天気わる~
旅行の最後だしと、奮発して、十勝岳ビューの部屋にしたものの・・・

十勝岳は見えません

6月21日富良野11 
旭山動物園にいたチンパンジーの子供のぬいぐるみをなぜかホテルで購入。

それにしても。。。
がんばって一番奮発したはずだったホテルなんだけど・・・
あれれ?いままでに比べていったって普通なような・・・
バスルームに至ってはちょ狭なユニットバス
ま、洗面はバスルーム外にあるし、大浴場あるからいいのかな。

しかしだ~、
雨はますます激しくなり・・・
ホテルはいっぱい人いるけど。。
なんだかこてこてな観光地のホテルな感。
ツアーバスがどんどん到着。

う~ん、私の好みの感じではないな~

とりあえず、ホテルの敷地内のニングテラスという森の中の山小屋のお店が並ぶとこ行ってみました。
その先には、森の時計というCafeがあり、入ってみました。

けっこう待って、コーヒーが自分でひけるというカウンター席へ。
メニュー見たらあまりに美味しそうだったので、急遽ここで夕食にすることに。 
6月21日富良野1 6月21日富良野2 これがその魅惑のカレーとキノコクリーム。
 
6月21日富良野3 6月21日富良野4 6月21日富良野5
食後にコーヒー、こんな感じで引きました。     やっぱケーキも食べることに

そんな感じでゆ~っくりとここで過ごしました。
ま、そうゆうゆったりとした時間を過ごすコンセプトのcafeだからネ。

そのあと大浴場(・・・といってもそんなにおっきくないし露天はさらにちっちゃ)に行ったあと、
またさっきのニングテラスの、森の時計よりさらに奥にあるso's barに行ってみました。

到達するまでの森の中の道は結構な雨な上真っ暗
でも足場におがくず敷き詰めてあるから、靴が汚れない
さすがきめ細かい気遣いのJapan

ずんずん歩いてようやく到達。
6月21日富良野6 おお幻想的
 6月21日富良野10 6月21日富良野7
中は暗い趣のあるシガーバー 大人のコーヒーゼリー食べました(リキュール入り)

ほほう、確かにここはいい感じだなぁ
これ、天気のいい夏の夜とかに森を歩いてたどり着いたら、かな~りいいんだろな~と思い、
ホテルの評価、若干持ち直しました
6月22日富良野9  ←ちなみに翌日晴れた時のSo's barへの山道。

翌日は曇ってたまに小雨だけど、昨日よりは天気いいので。。。
朝7時からテニス
運動不足なんだも~ん。

テニス用具はシューズ含め一式無料レンタルでした。
しかも、お風呂用の館内着が浴衣じゃなくスエットとポロシャツ、しかもサイズ違いでひとり2枚あったから、それ着てやっちゃいました (ちゃんとホテルの人に許可を得ました)
その後大浴場に直行し、そこから朝食へ直行
奮発した朝食プランだったんですが・・・

場所がいけません
地下の大会議室みたいな窓もいっさいないとこで、ただ食べる感じ
ご飯は雰囲気大事だし、せっかく緑いっぱいな場所なのに、こんなとこで朝食食べさせてはいけない
と思いました。
本来、8時半まではもう一箇所食べるとこあって、そっちはほんのちょっと外見えるけと狭いですよ~、地下のが広いですよ~と、チェックインのときにさりげなく地下勧められたけど、ぜったいそっちのがよかったな

そんなやっつけの朝食のあとは、ホテル敷地内(送迎バスで少し移動するけど)の風のガーデンに行ってみました。
バス到着するとまず
6月22日富良野1 こんなんじの小屋があり・・

以下、風のガーデンの風景をお楽しみください  
6月22日富良野5 6月22日富良野3 
6月22日富良野6 6月22日富良野7 6月22日富良野8

普通に景色良かったです。

6月22日富良野10  ホテル入口には、このようにエアで靴の泥を落とすマシーンがあります。
さすがJapan きめ細かい

ホテルのcheck out12時だったから、それまでになんとか部屋から十勝岳ビューみえないかなと粘ったんだけど  
6月22日富良野11 ・・・ここまででした
真ん中に見える青いラインが十勝岳の裾野かと思われます 

諦めて出発

まずは昨日通り過ぎた富田ファーム。
富田ファームといえばラベンダー畑なんだけど
6月22日ファーム富田1 6月22日ファーム富田2
まだちょっと早い様子。。。

しかし、そのほかのお花の景色は綺麗でした。しばしご堪能ください。
6月22日ファーム富田4 6月22日ファーム富田5 6月22日ファーム富田3
6月22日ファーム富田6  6月22日ファーム富田8  6月22日ファーム富田7
        
                                       展望兼カフェエリアからの眺め。
ちなみにこのチイバンジーは両手がマグネット式で、バッグ付けて持ち運び可。

カフェは結構混んでて、名物野菜カレーがあっという間に売り切れてました。
でも人が多いと趣が。。。
私はどっちかってゆうと素朴なぜるぶの丘の方が好みだな~

そのあと、旦那さんのたっての望みで、北の国からのロケ地、黒板五朗の丸太小屋に行きました
6月22日北の国から1 6月22日北の国から2 6月22日北の国から3
今回のレンタカー↑          ロケ地こんな感じ。

北の国からに全然思い入れない私にとっては、ふ~んな感
ってゆうか、旦那さんもそんなに思い入れあったっけ?問い詰めると、数回見たことがあると。。。
ライトだな~

さくさく~とこれらの観光を終え、ビュンビュンとばして千歳空港にむかいました
6月22日夕張IC 途中立ち寄った夕張サービスエリアで名物たんどらの夕張メロン(他にかぼちゃとかある)食べました。うまし
超スムーズに到着し、レンタカー返して千歳空港でお土産購入。
6月22日千歳空港3 噂通り千歳空港もりあがってます。
6月22日千歳空港1 6月22日千歳空港2
駅内の一幻で海老味噌ラーメン食べました。激ウマ

6月22日千歳空港4  飛行機のview。まるで雲海テラスだ~

千歳空港から関空着くと、なんだかほっとした感
関空といえば、始めて空港で東方神起に遭遇したな・・・とか、なんだか懐かしい雰囲気

・・・それもこれも、北海道が性に合わなかったんだな
観光もホテルも、なんだかのっかてる感で自分でつっくた旅行感ないし。。。

最後がこれか~な感もあるけど、これから暑いドバイの日常生活という現実が待ってるわけで
あまり超楽し~から現実に引き戻されるより、イマイチなワンクッションあってよかったのかも

・・・と北海道のすごい言われようですが、要は東方神起が絡んでないからつまんなかったんじゃないかって意見もあります

富良野は倉本聰のいろんなロケ地とかだから、それに思い入れのある人にとってはすごく楽しいのかも。
私のチェジュみたいに


そんな感じで関空からエミレーツでドバイに帰りました

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。